食習慣改善情報の最後に8種類のポリフェノールを紹介しています。健康に役立ててください。

健康寿命には食習慣が大事ですがポリフェノールの摂取が大事と言われています。5000種以上の中から食習慣に適している8種類を選び紹介します。

ポリフェノールってどんな物?

ポリフェノールは自然界に5,000種類以上あると言われています。ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などを無害な物質に変える作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防に役立と見られています。

ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。また、ポリフェノールの種類により、独自の機能があります水に溶けやすい性質です、比較的短時間で作用しますが、長期間効果は持続しないので、毎日こまめに摂取しないといけません。

ポリフェノールの種類はどんなのがあるの?

代表的な物で

アントシアニン・カテキン・カカオポリフェノール・ルチン・フェルラ酸・コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)・クルクミン・ショウガオールなどがあります。

ポリフェノールの効能は何?

種類により抗酸化作用の作用が多少異なっていますので、これら全部を一概に摂取するのではなく、通常の食生活で自分の健康に、今必要なポリフェノールを摂取する様に、気を配るのが一番良いと思われる。

結論

ポリフェノールは種類も多く、作用も少しづつ違うので、自分が今必要としている作用に、一番効果のある食品を摂取する様に気を配るのが、最善の方法と思います。

 

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイトはこちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35NWOS+2OG8S2+3SQS+BXB8Z

好きなメニューから選んで宅配してくれるサービスです。適正価格で簡単に調理が出来る上に、栄養面や糖質などを管理してくれているので安心して頼めます。一度公式サイトで確認してみてください。

 

資料)種類別の詳細を記載

アントシアニン

アントシアニンを含む食材

ビルベリーなどのベリー類・ブドウ類・赤しそ・黒ゴマ・黒豆・カシスなどに含まれています。

目にやさしく、抗酸化作用にすぐれたアントシアニン。

ビルベリーやブルーベリーなどのベリー類に多く含まれ、その他カシス、ブドウ、イチゴ、ナス、赤ジソ、黒豆や黒ゴマなどにも含まれています。また、アントシアニンは、栽培種よりもビルベリーのような野生種の方が多く含まれているといわれています。

 カテキン

カテキンはポリフェノールの一種で、主にお茶の苦渋味成分です。

カテキンを含む食品

緑茶、大豆、抹茶、小豆、ココアなどに含まれています。

カテキンはポリフェノールの一種で、主にお茶の苦渋味成分です。

カテキンには毒性のあるスーパーオキシドや一重項酸素と言われる活性酸素を無毒化します。

カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは、チョコレート・ココアなどに含まれるカカオ豆に含まれるポリフェノールの事です。フラバノール(フラバン-3-オール)とも呼ばれています。

一般的に含まれている食品はチョコレート・ココアなどがあります。

カカオポリフェノールの抗酸化作用による心臓病のリスク低減・動脈硬化の抑制など生活習慣病の予防効果・脳機能の改善などが報告されています。カカオ含有率の高いチョコレートがブームですが、食べすぎにはくれぐれも注意しましょう。(チョコレートで5gを5枚程度までが良いようです)

ルチン

タデ科ダッタンソバソバの実に含まれており、ダッタンソバにはソバの100倍のルチンが含まれている。ダイオウ属植物の葉および葉柄アスパラガスなどに含まれている。そのほか、ブラジルfava d’antaの木の果実、エンジュの花、果物や果皮(特にオレンジグレープフルーツレモンライムといった柑橘類)、クワの実、トネリコの実、クランベリーといったベリーにも含まれている。

かつてはビタミンPとよばれていたビタミン類である。 毛細血管の働きを安定、強化させ、脳出血や出血性の病気の予防効果があるといわれている。 ルチン」には、弾力性のなくなった、破れやすくなった血管を新しい弾力性のある血管に取り替える働きがあり、血液をスムーズに流す作用がある。

フェルラ酸

米、小麦、ライ麦、大麦やコーヒー、リンゴ、アーティチョーク、ピーナッツ、オレンジ、パイナップルなどの種子の中にも見られる。濃アルカリを用いて小麦や大豆のふすまから抽出される。

フェルラ酸は、他のフェノール類のように抗酸化作用を持ち、活性酸素種などのラジカルと反応する。米ぬかなどから精製された天然のフェルラ酸がアルツハイマー型認知症に有効であることを臨床試験で示した論文は、インターネットのgoogle上で、フェルラ酸、認知症、アルツハイマー病、Ferulic acid、dementia、Alzheimer’s diseaseの何れの検索においても見当たらない。中村重信・広島大名誉教授らによるアルツハイマー病通院患者143人とその家族の協力を得て、9か月間に亘って投与した試験対象物はフェルラ酸の単一成分ではなく、フェルラ酸とガーデンアンゼリカ抽出物の配合製剤ANM176(ANM176は㈱エイワイシーの登録商標)で、原著の題名は「Ferulic acidとgarden angelica根抽出物製剤ANM176(™)がアルツハイマー病患者の認知機能に及ぼす影響」となっている。Ferulic acidはフェルラ酸、garden angelicaはガーデンアンゼリカ(Angelica archangelica、セイヨウトウキ)のこと。この試験では、試験前と試験開始から3か月毎に、認知機能検査を行った。その結果、アルツハイマー病患者の認知機能は通常、時間の経過とともに低下し続けるのに、ANM176を使った場合は、軽度の患者は試験終了時まで改善が続き、中度の患者も6か月後まで改善状態が続いた。フェルラ酸がANM176と同じ効果があるか否かはこの試験では示されていない。(ウィキペディアより引用)

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるクロロゲン酸にマルトースグルコースに分解する酵素であるα-グルコシダーゼの阻害活性が認められ、ラットで食後の血糖上昇の抑制作用が認められた。カフェインにはα-グルコシダーゼ阻害活性は認められなかった[1]コーヒーをよく飲む人たちでは糖尿病発症のリスクが低くなる傾向が見られた[2]

ポリフェノールの一種で、タンニンとよく似た働きをする。 コーヒーには4〜5%と少ししか含まれていない。焙煎すると、その多くが分解されてしまうが、コーヒーの種類にもより、個人差があるが大量に摂取すると便秘を起こすとされる。(ウィキペディアより引用)

クルクミン

ウコン(ターメリック、学名Curcuma longa)などに含まれる黄色のポリフェノール化合物[2]クルクミノイドに分類される。スパイスや食品領域の着色剤として利用され[3]、日本ではウコン色素として既存添加物(着色料)に指定されている。[4][5]ウコン由来のクルクミンは「医薬品の範囲に関する基準」では医薬品でないものに分類され[2]、効用を謳わない限りは食品扱いとなる。

健康に有益な作用の期待されるクルクミンであるが、クルクミンを主たる成分とする「うこん(春ウコン、秋ウコン、クスリウコンなど)」は、生薬や漢方薬の素材、食品、民間的な傷薬、および天然顔料として、主にインド東南アジア中国琉球諸島などの諸地域で、古来より長く利用されている。その経験から鑑みるに、食品および天然色素としてのクルクミンの使用については恐らく安全であると考えられている。(ウィキペディアより引用)

ショウガオール

ショウガオールは、ショウガ辛味成分であり、ジンゲロンと同様に、ショウガを乾燥したり加熱した時に生産される。ショウガオールは、ジンゲロールに比 べて身体を温める効果が高いといわれている12)。

(ウィキペディアより引用)

ショウガは漢方薬の約7割に用いられ、吐気・嘔吐止め(乗り物・つわ り・手術後・化学療法など)13,14)をはじめ、消化促進15)、免疫力向上、抗微生 物、熱産生、血行改善、発汗、冷え性改善、解熱・鎮痛16)、咳止め、関節炎17)、 抗酸化18)、抗腫瘍19)、血中脂質改善20)など、様々な健康効果が期待されてい る21, (生姜摂取と健康づくり 木村公喜より引用)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    2019年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    野菜不足をスープで補う!

    食事が大事!好きな回数で好きな物を!

    睡眠中の状態を調べませんか?

    ページ上部へ戻る