寝る事で悩んでませんか?健康に大きな影響のある睡眠を調査してみました。睡眠の質を高める5か条!  

Pocket

寝る事で悩んでませんか?健康に大きな影響のある睡眠を調査してみました。

日本人の睡眠の状態はこんな事になっていました!

日本人、特に子供たちや就労者の睡眠時間は世界で最も短いと言われています。

 

我々日本人の睡眠はこれで良いのでしょうか?

睡眠時間の比較

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理部 三島 和夫 資料より引用

但し、長時間眠れれば良いという訳ではありません。

質の悪い睡眠は生活習慣病の罹患リスクを高め、かつ症状を悪化させることが分かっています。

下記に掲載のデータは睡眠が健康に大きな障害をもたらす原因となる事が解ってきます。

成人病予防や認知症予防にも重要な一因となる睡眠を調べてみました。

 

 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理部 三島 和夫 資料より引用

 

十分な睡眠と適切な睡眠がなされないと、睡眠障害と言う病が発症します。

いろんな病の現況にもなりうる、睡眠障害にならない為にはどうすれば良いのでしょう?

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理部 三島 和夫 資料より引用

 

21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)では「栄養・食生活の管理」「身体活動・運動」「禁煙・節酒」

などと並んで「十分な睡眠の確保」に取り組んできました。

不規則な食事・運動不足・ニコチン・アルコール過飲によって睡眠状態は悪化しますので、

これら生活習慣を改善することは、良質な睡眠を保つことにもつながります。

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理部 三島 和夫 資料より引用

 

こういった資料を検索してみて、睡眠の重要性が再認識する機会となります。

合せて生活習慣が睡眠に大きな役割をしていることが分かります。

大きな役割をしているのが「食習慣」「運動習慣」で「睡眠習慣」に大きく関与しています。

 

青年・壮年期の「食習慣」から、喫煙と飲酒に関しては、禁煙と適量の飲酒を推奨しています。

研究者らは、高血糖と関連する糖尿病や心臓病などの「生活習慣病」リスクを避けるためには、

十分な睡眠をとり、体重、飲酒、喫煙を控えめにすることを勧めている。

睡眠障害が生活習慣病の罹患リスクを高め症状を悪化させることや、その発症メカニズムが明らかになりつつあります。

例えば睡眠時無呼吸症候群の患者さんでは、夜間の頻回の呼吸停止によって

「低酸素血症と交感神経の緊張(血管収縮)」「酸化ストレスや炎症」「代謝異常(レフチン抵抗性・インスリン抵抗性)」

などの生活習慣病の準備状態が進み、その結果として5~10年後には高血圧・心不全・虚血性心疾患・脳血管障害などに罹りやすくなります。

 

寝る事が、生活に大きな影響を及ぼしていて、健康にこんなに大きく関与していることが分かりました。

 

ではどうすれば良い睡眠がとれるようになるの?

 

1.寝具の重要性

2.睡眠状況の把握(無呼吸症候群など)

3.睡眠に関する習慣を守る(入浴、入眠時間など)

4.ストレスや生活を改善する(仕事や人間関係など)

5.禁煙や飲酒を改善する(飲みすぎないなど)

出来る事から実行してみよう!大事ですよ。

夕食後2時間以内の就寝が週3回以上あることは、2年後のHbA1cの値に有意な影響を与えないことが示唆された

一方で、むしろ体重(BMI)、血圧、血中中性脂肪、身体活動レベル、喫煙および飲酒といった因子の方が

HbA1cレベルの変化とより強く関連しているようだったとのことだ。

厚労省e-ヘルスネットより引用

 

「運動習慣」は毎日の有酸素運動(散歩や自転車等)をクセづける事で、

高齢者になった時の生活習慣に大きな役割を果たします。(習慣づける)

若いころから習慣づける事で、高齢者になった時に、つらい思いをするリスクが少なくなりますよ。

                     一般社団法人テラス 寺尾耕二

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。