コロナ禍で笑顔が少なくなっている高齢者が増えてます。笑いが認知症予防に効果的です!

社会が新型コロナで不安が広がり、在宅の高齢者が増えています。

在宅が増えると鬱状況になり、だんだん笑顔が少なくなっています。

高齢者の認知症と笑いが少なからず関連があるという、研究結果が出ています。

毎日笑う人と、笑わない人を比べると認知症のリスクが3倍くらい、笑う人の方が軽減されたと言う研究結果が出ています。

(大阪府立健康科学センター検証)

笑う事で認知症になるリスクが少なくなると嬉しいですね。

こんな時期ですから「笑って過ごしましょう」

意識的に笑う事で、健康にも良い結果があるようです。

「アハハハハ」と数回続けて言うだけで違っていきます。

慣れると本当におかしくなって笑えます。(不思議ですね)

少し無理しても笑ってみましょう!幸せが来るかも!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA