コロナ禍の高齢者の生活は?何をして過ごせば良いか?高齢者を抱えている家族はどうすれば良いのか考えてみました。

Pocket

コロナ禍での生活が長引いています。高齢者は感染予防を特に気を付けて生活している事と思います。

 

高齢者夫婦で生活していると、二人ともコロナ対策は十分気を付けると考えます。

生活用品の買い物に出かけたり、来訪者を迎えたりする機会に「十分に感染予防」をしていればそんなに心配はないと考えます。

それ以外は、たぶん「外出を出来るだけ控えた生活」になっているのではないかと思います。

家の整理をしたり、TVを見たりして一日を過ごされているのでは?

この様な生活が長く続くと、運動不足・コミュニケーション不足になりストレスが蓄積されている可能性があります。

毎日、人通りの少ない時間に近所を散歩するなり、庭に出て(庭が無い所はベランダとか玄関先でも良いです)軽い運動をして

外気を吸って気分転換をしましょう。

それから夫婦で出来る趣味を作るのも良いですね。(別々でも構わないの趣味の時間を持つと良いですよ)

一人住まいの高齢者の方は、特にコミュニケーションが執れなくなっていますよね。

出来れば、ご近所親しい人と「マスクをして距離を取って会話」が出来れば良いのですが、

難しい場合は家族親族がいれば電話などをたまにはしてみては?

生活物資を買い物に出かけた時に、お店の方と話をする事でも違って来ると思いますよ。

出来るだけ、地域の方たちとのコミュニケーションを執る努力をした方がいいと思います。(話しやすい方と・・)

 

子供たちと同居の高齢者は、子供たちとの良い環境を作って生活をされていると思いますが、子供たちの生活環境が感染を持ってくる可能性もあります。

「手洗い・うがい・消毒など」を家族みんなで気を付けて、習慣化する事で感染予防につながりますよ。

できればタオルなどは「各自の使用に分けて」使えるようにした方が良いですね。

お互いを思いやり生活をする事で「高齢者の感染」を防ぐことが出来るのでは?

新型コロナもいつかは収束します。それまでは出来るだけ明るく生活できる様に工夫しましょう。

 

運動不足とストレスが免疫力を落としますよ、自分に出来る前向きな行動で明るく過ごしましょう。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。