高齢者こそ「パソコンやモバイルを活用」できないと今後の生活が不便になる!

2019-9-6

高齢者こそITの活用やキャッシュレスを上手に利用したい。

高齢者はITとかモバイルの利用とかが苦手と思われていますが、年々利用頻度が上がってきております。

高齢者のITやモバイル利用は当初とっつきにくいと思われて敬遠されてきましたが、お友達が使っていて教えてもらって利用を始めた方とか、簡単な利用方法の説明を受けてチャレンジする高齢者が増えています。

食わず嫌いからちょっとチャレンジしようと言った機会が社会の情勢から増えてきています。消費税の還付とかキャッシュレスを活用する機会がモバイルやITの壁を低くしています。

これからの高齢者は「パソコンやモバイル」をある程度利用しないと、生活に齟齬をきたす時代になってきました。

今までの様に嫌いだとか苦手だとかを言ってられない環境になっています。

このサイトでも簡単な方法で「モバイルやITを活用できる」様に情報提供して行きたいと考えています。

 

19年1月29日付の日本経済新聞朝刊の記事には電子マネーが高齢者に広がっていると書かれていました。70代以上の利用額が直近5年間で9割近く増え、全世代の伸びを大きく上回っているそうです。記事では「高齢の両親に電子マネーを渡す人が増えている」とありましたが、私の50代の友人のなかでもそうした例を何人か知っています。
どうやらキャッシュレス決済に限らず、ITを使ったサービスは高齢者に不向きという発想自体がそもそもステレオタイプなのかもしれません。要は、シニアであっても自分に興味のあることであれば抵抗なく使えるということなのだと思います。

 

ITサービスの本質が「世の中を便利にしていくこと」にあるのだとすれば、むしろこうしたサービスは年をとって活発に動きづらくなったシニアこそが積極的に利用していくべきなのではないかと思います。

(NIKKEI STYLE)掲載より

最近のコメント

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

    野菜不足をスープで補う!

    食事が大事!好きな回数で好きな物を!

    睡眠中の状態を調べませんか?

    ページ上部へ戻る